レンタルサーバーのデータベース · たけもの電脳実験室

たけもの電脳実験室

いつか、広大なネットの海を上手に泳げるように・・・

レンタルサーバーのデータベース

投稿日 2012年7月15日 10:02 AM | 投稿者 takemo

レンタルサーバーを選ぶ判断ポイントの一つである「データベース」について説明します。
※わかりやすく説明するために、厳密には正確でない表現もあります。。。

【データベースとは、】

レンタルサーバーを利用する際、データベースの対応有無が影響するのは、多くのWebアプリケーションが、その動作のためにデータベースを必要とするためです。(※PukiWikiのように、データベースを必要としないWebアプリケーションもあります)

Webアプリケーション データベース
OpenPNE(ミクシーのようなSNSサイト) MySQL 4.1以上
Zen Cart(本格的なネットショッピングサイト) MySQL 3.2x
PHPBB(高機能な掲示板サイト) MySQL 3.23以上
PukiWiki(ウィキペディアのようなサイト) ※不要

データベースを必要とするWebアプリケーションの利用を検討している場合には、データベースが利用できることが選ぶ判断ポイントとなります。また、できれば、試用期間などを利用して、実際にWebアプリケーションの動作検証をしてみることをお勧めします。

【MySQLについて】

マイエスキューエルと読みます。世界的にもメジャーなオープンソース・データベースの一つです。多くのWebアプリケーションで利用されているだけでなく、Facebook、Twitterなどの巨大なウェブサイトでの適用例もあります。

【PostgreSQLについて】

ぽすとぐれすきゅーえる(ポスグレとも呼ばれます)と読みます。MySQLと並ぶ知名度の高いオープンソース・データベースの一つです。商用データベース(Oracleなど)に劣らない機能を持っています。

【SQLiteについて】

SQLite はMySQLやPostgreSQLと異なり、サーバーの概念が無く、アプリケーションに組み込んで利用される軽量のデータベースです。バックアップが、一つのファイルのコピーだけでできるなど、管理の容易さが特徴です。

コメントする

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.